2019年7月21日~27日に読んだ本

田中芳樹「創竜伝3逆襲の四兄弟 [Kindle版]」 アルスラーン戦記も創竜伝もKindle版の続きがなかなかでない。 携帯電話普及前の30年ぐらい前と世相は同じなのかな。 花井夫人の言動が現代のSNS当たりとシンクロしているのはちょっと怖いな。 竜に変化していないのは長男だけで、この後は神話の世界のお話になったような。 記憶…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年7月14日~20日に読んだ本

津原泰水「ヒッキーヒッキーシェイク [Kindle版]」 編集:大森望「NOVA 2」で気に入った作者なので騒動で知った新作を。 近藤ようこ「五色の舟」の原作者で気に入っていたがSFMで読むぐらいだった。 読んでみると引きこもり達が主役でSF濃度はすごく低いけれども面白いし、 読後感も良いが、JJの症状からこれからどうしていくの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年7月7日~13日に読んだ本

編集:SFマガジン編集部「アステリズムに花束を 百合SFアンソロジー [Kindle版]」 「百合SFアンソロジー」って、 面白そうなので購入したが、SFMで読んだものが結構あった。 劉慈欣「三体」で話題の中華SFの先達、陸秋槎「色のない緑」と 小川一水「ツインスター・サイクロン・ランナウェイ」が面白かった。 「色のない緑」は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019年6月30日~7月6日に読んだ本

小松左京「小松左京短編集 東浩紀セレクション [Kindle版]」 大森望セレクションを読んだので次はこちら。 こちらも15編で有名どころがそろっているのでほぼ既読だった。 「お糸」は落語からかと思いきや「三字五分前」の表記からSF物と分かったが、 錦絵鏡、絡繰駕篭、乗合軌道と銀魂のような世界はすでに小松左京が描いていたのか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more