2020年9月6日~12日に読んだ本

柴田勝家「アメリカン・ブッダ [Kindle版]」 解説が良い。 池澤さんの解説がよかった、特に先輩権限を持出すあたり。 6編中4編が既読で、未読の2編がとてもよかった。 未読の「邪義の壁」は壁のあちこちに塗り込みウワヌリされたモノの民俗学的ホラー風味な物語。 書下ろしの「アメリカン・ブッダ」はマインドフルネス瞑想からアメリカ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月30日~9月5日に読んだ本

林譲治「星系出雲の兵站-遠征- 5 [Kindle版]」 最終巻。 最初は小松左京「首都消失」のようで、政府DBのバックアップから播種船情報が発掘されるかと思った。 敷島星系でゴートと播種船関連の情報が明確になって面白い。 120年後に減速装置を入手できるのかな? そのログからもっと詳細に播種船の行動が判明する可能性もあるので…
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月23日~29日に読んだ本

マーク・チャンギージー「ヒトの目、驚異の進化 視覚革命が文明を生んだ [Kindle版]」 多岐にわたって面白かったが、長かった。 外界を見ることがどのような事なのか。 錯視がどうして起こるのかが面白かった。 最後に文字の認識の話になるとは思わなかった。 確かに視覚が形を認識するのだから世界の文字を形態要素に分解すると皆同じと…
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月16日~22日に読んだ本

柞刈湯葉「横浜駅SF 全国版 [Kindle版]」 解決されなかった疑問があったので読むことに。 JR北日本の技術力の要であるユキエさんは何者か、教授の素性、JR福岡の元技術者のその後が知りたかったが描かれていなかった。 ユキエさんと教授の素性はどうしても知りたかったな。 横浜駅SF 全国版 (カドカワBOOKS) - 柞刈…
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月9日~15日に読んだ本

田中芳樹「創竜伝14 月への門」 最新刊なので新書。 この本は駅前書店の閉店日に購入したある意味感慨深いもの。 簒奪政府に対抗して冗談のように立ち上がった京都幕府はどうなるのか? 征夷大将軍の活躍がすごいが、四兄弟陣営とは相いれないからどうなるのかと思ったら、やっぱりか。 先輩方の避難や征夷大将軍の先行きが楽しみ。 欽ぴを倒…
コメント:0

続きを読むread more

2020年8月2日~8日に読んだ本

田中芳樹「創竜伝13噴火列島 [Kindle版]」 たぶん電子版最終巻。 14巻か新書で出ているので文庫化して数年後に電子化だろうな。 で、四姉妹編で京都に幕府をひらいたなっちゃんは征夷大将軍で元首相を管領(No2になる?)にして東京の簒奪政府と対するのは面白いな。 鎌倉幕府では執権がNo2だった記憶があるので、室町幕府かな、江…
コメント:0

続きを読むread more

2020年7月26日~8月1日に読んだ本

柞刈湯葉「横浜駅SF【電子特典付き】 [Kindle版]」 「人間たちの話 [Kindle版]」を読んだので原点を。 増殖する横浜駅、駅なので外部からくる列車はないから歩きなのか。 おもしろかったが、ちょっと解決されなかった疑問が。 JR北日本の技術力はすごいけれども、ユキエさんは何者? JR福岡の元技術者のその後は? JR…
コメント:0

続きを読むread more

2020年7月19日~25日に読んだ本

田中芳樹「創竜伝12竜王風雲録 [Kindle版]」 神仙世界の続き。 五仙+一仙の六仙が良かった。 四兄弟に太真王婦人まで登場してオールスターキャストで面白かった。 ラストは急に現代に戻って次巻か。 やっぱり中華物はよいな。 入院中Kikubonで聞いた「奔流」、「天竺熱風録」、「蘭陵王」も良かったな。 朗読の下山吉光さ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年7月12日~18日に読んだ本

北野勇作「100文字SF (ハヤカワ文庫JA) [Kindle版]」 Kindle版を購入したけれども、絵だった。 100文字なのでフローにすると1編1ページは難しかったのかな。 でもコミックと同じで見開きで2ページ開けるのは面白かった。 各編に題名がないのがちょっと残念かもしれない。 100文字SF (ハヤカワ文庫JA) -…
コメント:0

続きを読むread more

2020年7月5日~11日に読んだ本

田中芳樹「創竜伝11銀月王伝奇 [Kindle版]」 閑話休題の巻だった。 祖父の人脈で学園のトラブルを対処する四兄弟のシリーズ。 本編の四姉妹(牛種)との戦いで登場した自称ヒロインがこちらにも登場していた。 今回は悪人の影は薄く銀月王という怪物がメインだったが読み終えてみるとお涼さんの原型みたいな気がした。 しかし、なっちゃ…
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月28日~7月4日に読んだ本

小川哲「嘘と正典 [Kindle版]」 「魔術師」無料配信版を読んでいたので購入。 気に入ったのは、「魔術師」、「ひとすじの光」、「時の扉」、「ムジカ・ムンダーナ」かな。 「魔術師」はタイムマシンが気になって仕方がない。 「時の扉」は読み始めはテッド・チャンの「商人と錬金術師の門」的かと思ったらすごいところへ持っていかれた。 …
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月21日~27日に読んだ本

テッド チャン「息吹 [Kindle版]」 9編あったがほぼ記憶あるものだった。 「商人と錬金術師の門」、「息吹」、「偽りのない事実、偽りのない気持ち」 が気に入った。 息吹 - テッド チャン, 大森 望 石塚千尋「ふらいんぐうぃっち(9) [Kindle版]」 9巻目、次は二桁突入だ。 大熊アナはまたもや脱兎ル…
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月14日~20日に読んだ本

似鳥航一「いらっしゃいませ 下町和菓子 栗丸堂 「和」菓子をもって貴しとなす [Kindle版]」 いつの間にか出ていた。 二人ともなるようになって良かったという終わり方だったので、続きが出るとは。 何やら新たなる敵かと思ったら単に自己中の意識高い系店主やら和菓子の太子様やら。 なんだか相手の強さがインフレーションしてくるような…
コメント:0

続きを読むread more

2020年6月7日~13日に読んだ本

林譲治「星系出雲の兵站-遠征- 4 [Kindle版]」 最終巻ひとつ前。 とんでもないものが見つかって人類の播種船との関連が面白い。 ガイナス、ゴート、スキタイと3種類の内スキタイだけ文明圏となって異質だし探査結果も変だね。 惑星敷島は何者かに侵略、絶滅された結果とも考えられるしね。 SSX4の番号から人類の播種船の規模とど…
コメント:0

続きを読むread more

6月7日

先週は入院していたので本を読めなかった。 代わりに kikubon の朗読を聞いていた。 前回は銀英伝10巻と石黒版オリジナルキャスト朗読の「銀河英雄伝説外伝2 ユリアンのイゼルローン日記」だったが、 今回は短かったので「風よ、万里を翔けよ」「奔流」残りの日は再度銀英伝の6巻まで聞いた。 kikubonはスマフォのアプリとPCの…
コメント:0

続きを読むread more

2020年5月17日~23日に読んだ本

山本弘「地球移動作戦(下) [Kindle版]」 小松左京を思い出した。 人類存亡の危機に対する大プロジェクト「さよならジュピター」だ。 ビブリオバトルの方で記述があったが映画は残念だが小説は面白かった。 その前に「宇宙からのメッセージ」というのもあったな。 思想、宗教、政治で大変なことになるのだが、野尻抱介作品だとさらっと流…
コメント:0

続きを読むread more

2020年5月10日~16日に読んだ本

山本弘「地球移動作戦(上) [Kindle版]」 「プロジェクトぴあの」を読んだのでこちらも読むことに。 文庫版のKindleだ。 作者がパンツァーリートの替え歌まで作るぐらい好きだってことがすごい。 これはガルパン以前の作品だから、バルジ大作戦だろうな。 妖星ゴラスだし題名通り移動するするのだけれども、移動しないで破滅する選…
コメント:0

続きを読むread more

2020年5月3日~9日に読んだ本

大木毅「独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 [Kindle版]」 紙版が積読で見つかったがKindle版を購入したのでこちらを読む。 ロンメルやグデーリアンはKindle版を購入していたので、紙を購入していたのを忘れていた。 絶滅戦争となった経緯は納得。 補給線としての鉄道が軌道の幅が異なるので貨物の積み替えより広軌に標準軌用の1本を追加す…
コメント:0

続きを読むread more

2020年4月26日~5月2日に読んだ本

山本弘「プロジェクトぴあの(上) [Kindle版]」 ハードカバの時購入しなかったのを思い出してこちらを購入。 ハードカバー版の方が安かったけれども、尻Pの解説読みたいからね。 SFM連載の「地球移動作戦」が既存のピアノ・ドライブで地球を移動する話だったので、 ピアノ・ドライブとはどんなもので、どのような経緯で実用化されたのか…
コメント:0

続きを読むread more

2020年4月19日~25日に読んだ本

柞刈湯葉「人間たちの話 [Kindle版]」 表紙買いだけれども、横浜駅の人というのは知っていた。 6編で表紙絵は各編の登場人物の絵だった。 「冬の時代」、「人間たちの話」、「宇宙ラーメン重油味」、「No Reaction」が気に入った。 「冬の時代」と「人間たちの話」は長編化しても面白そう。 横浜駅のやつは読んでいないので読…
コメント:0

続きを読むread more