2020年5月3日~9日に読んだ本

大木毅「独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 [Kindle版]」
紙版が積読で見つかったがKindle版を購入したのでこちらを読む。
ロンメルやグデーリアンはKindle版を購入していたので、紙を購入していたのを忘れていた。
絶滅戦争となった経緯は納得。
補給線としての鉄道が軌道の幅が異なるので貨物の積み替えより広軌に標準軌用の1本を追加するのもすごいな。
道路が西部と異なって舗装もなく自動車、戦車も故障率が高くなり雪が解けると膝までの泥濘となることで
機甲部隊が予定の進撃速度が出ない、補給が滞って修理もままならないとか事前調査を生かせなかったのか。
独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書) - 大木 毅
独ソ戦 絶滅戦争の惨禍 (岩波新書) - 大木 毅

梶尾真治「たゆたいエマノン(文庫版) [Kindle版]」
確か紙で読んだ記憶があったがKindle版を再購入。
なんだ、ハードカバー版ですでにKindle版を購入していたよ、こちらは文庫版のKindle版だった。
なんだかな~、出版社はハードカバー版と文庫版で別物というのは判るけれども、Amazonも同じ作者、題名なら購入済みぐらい表示してほしいな。
まあ、読んだけどもね。
ヒカリとエマノンの「たゆたいライトニング」、美波とエマノンの「ともなりブリザード」、ヒカリとエマノン+将来の旦那の「けやけしドリームタイム」が良かった。
たゆたいエマノン (徳間文庫) - 梶尾真治, 鶴田謙二
たゆたいエマノン (徳間文庫) - 梶尾真治, 鶴田謙二

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント