2019年6月9日~15日に読んだ本

シルヴァン・ヌーヴェル「巨神降臨 下 [Kindle版]」
三部作最終巻の下巻。
フランクリン博士は何だかんだですごいことやってる。
親子げんかも面白いが、アメリカとロシアの搭乗員二人がどうなったのか不明だ。
やっぱりもっていくのはミスター・バーンズだね。
まあ、ミスター・バーンズのおかげで世界は元に戻ったみたいだし、
彼らが地球に居ればこの先も何とかなりそうな気がする。

巨神降臨 下 〈巨神計画〉シリーズ (創元SF文庫)
東京創元社
2019-05-21
シルヴァン・ヌーヴェル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


漆原友紀「蟲師(7) [Kindle版]」
残り3巻になってしまった。
「花惑い」:首を挿げ替えて300年も生きているってホラーだ。
「鏡が淵」:この真澄さんは通常状態でも十分力強い。
「雷の袂」:よい子じゃないか。
「棘の道 前後編」:ギンコは蟲師のヒエラルキー的に上位にいるのかな?
蟲師はどのような繋がりがあるのかな?
狩房淡幽の立ち位置とか気になるな。
蟲師(7) (アフタヌーンコミックス)
講談社
2012-09-28
漆原友紀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック