2019年5月26日~6月1日に読んだ本

梶尾真治「サラマンダー殲滅 下 [Kindle版]」
いよいよサラマンダー殲滅戦。
空間溶融現象との関連で静香の記憶がすべて消えてしまうのと
静香の精神の更生とがどちらが先になるのかドキドキ。
ラストの記憶がないので後半は楽しく読めたし、
ラストの描写はやっぱりカジシン作品なのでエモーショナルな部分が泣けるね。

サラマンダー殲滅 下 (徳間文庫)
徳間書店
2018-12-07
梶尾真治

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


荒川弘・田中芳樹「アルスラーン戦記(11) [Kindle版]」
11巻目だ。
王都奪還までは先が長い。
この巻ではエトワール(エステル)再登場でうれしいな。
アルスラーンのここでの扱いで自分たちとアルスラーンの違いを考え始めるし。
原作の第二部では原作者の二つ名通りたくさん死んでいくから寂しいな。
そういえば原作第二部のらいとすたっふKindle版が残り2巻で止まって
かわりに創竜伝が2巻まで出てる。
アルスラーン戦記(11) (週刊少年マガジンコミックス)
講談社
2019-05-09
田中芳樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック